第61回社会保障審議会障害者部会を傍聴

images4月28日に御茶ノ水において開催された、第61回社会保障審議会障害者部会を傍聴致しました。「障害者総合支援法の対象疾病の拡大について」「障害者総合支援法施行後3年を目途とした見直しについて」話し合われました。

指定難病では重症者だけが対象であるため、軽症者がどうやって障害者総合支援法の対象と証明とするのか、障害者総合支援法の対象疾病は、病名で決めるのではなく、生活のしづらさに応じてサービスを受けられるようにすべきで、「制度の谷間」を生まないような配慮が必要ではないかといった意見が出されました。332の障害者総合支援法対象疾病リストが了承され、現在、パブリックコメントが行われており、夏に告示される予定です。

当日の資料は、厚生労働省ホームページに掲載されています。http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000083924.pdf

広告