障害福祉サービスのあり方に関するWTを傍聴

障害福祉サービスのあり方に関するWTを傍聴15.4.194月15日に厚労省において開催された、第九回障害福祉サービスのあり方に関する論点整理のためのワーキンググループを傍聴致しました。昨年11月25日に開催された第59回社会保障審議会障害者部会において、障害者総合支援法附則第3条において、施行後3年を目途として見直しを行うことになっている5つの事項についての論点を整理をするために、設けられたワーキンググループです。

団体ヒアリングも含め9回にわたってワーキンググループが開催され、4月下旬の障害者部会に報告されます。議論終了後に、各委員から感想が述べられましたが、障害者権利条約や骨格提言との整合性が重要とする意見や、障害者福祉を介護保険と統合すべきという意見もあり、今後も注意を払っていく必要性を強く感じました。

広告