第四回総合支援法対象疾病検討会を傍聴

第4回障害者総合支援法対象疾病検討会15.3.303月30日に厚労省において開催された、第四回障害者総合支援法対象疾病検討会を傍聴致しました。第10回・11回指定難病検討委員会で承認された疾病を、障害者総合支援法の対象として承認するか、第10回指定難病検討委員会で「発病の機構が明らかでない」「一定の人数に達しない」という要件を満たさないとされた疾病が、総合支援法の対象要件を満たすかどうか、平成25年4月から総合支援法の対象となっていた疾病で、総合支援法の対象外となる疾病についての検討が行われました。

これまでは、指定難病検討委員会で検討された疾病を、総合支援法対象疾病検討会で検討してきましたが、医療費助成の対象と福祉的支援の対象では、違った視点で検討すべきではないかという意見が出されました。また、福祉サービスが必要な人がサービスを受けられるように、対象を広げる方向性であること、今後は指定難病の検討俎上に上がらなかった疾病も検討していくことが、確認されました。また、健康局疾病対策課と障害保健福祉部が、もっと密な連携を取っていく必要性が指摘されました。333の障害者総合支援法対象疾病リストの案も提示されました。

広告