ドキュメンタリー映画の第二回製作委員会

DVD製作委員会15.3.173月19日に練馬の事務所において、重症患者の実態を伝えるドキュメンタリー映画の第二回目の製作委員会を開催致しました。撮影等の経過に関しては、理事会で報告しながら進めて来ましたが、今後の撮影方針や、5月の日本神経学会学術大会での映像作製について話し合いました。

これまでは患者さんが捉えた病気の経過や、医療者の無理解等について取材してきましたが、これからの方針を決めてから取材を継続する必要があります。映画のポイントは何にするのか、どこに関心をもって見ていただくのか等について意見交換致しました。また神経学会での映像は、この疾患が器質的疾患であることを示す知見も含め、病気の深刻さを訴えるられるよう短くまとめる予定です。

完成までには少し時間がかかりますが、少しずつ進めておりますので、引き続き皆様のご協力をお願い申し上げます。

広告