全日本民医連のHPにこの病気を大きく掲載

ダウンロード8月22日に全日本民主医療機関連合会(民医連)において、二回目の懇談の機会を持っていただいたことはお知らせ致しました。民医連は戦後、医療に恵まれない人々の要求にこたえようと、地域住民と医療従事者が手をたずさえ、民主的な医療機関が各地につくられたのが始まりです。現在、民医連に加盟する事業所は、全国の47都道府県に1700カ所を超えています。

私達の願いに対して、民医連では早速、対応してくださり、全日本民医連医師臨床研修センター(イコリス)のHPの一番大きなバナーで、この病気についての啓発を行ってくださっています。そこでは、当会のパンフレットの紹介、当会からの要望、10月のME/CFSを考える映画と交流のつどいの告知、当会の国会請願の署名活動への協力の呼びかけ、最新の「MEのための国際的合意に基づく診断基準」の紹介、実態調査への協力の呼びかけ、当会のHPへのリンクの紹介、twitterでの当会や10月のつどいについて広報等をしてくださっています。

是非、イコリスのHPをご覧下さい。http://aequalis.jp/

また、神奈川民医連のHPのトップページで、10月のME/CFSを考える映画と交流のつどいの告知をしてくださっています。http://www.kanamin.or.jp/

広告