映像製作資金のための募金にご協力を!

募金のチラシjpeg筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群が重篤な病気であり、患者達が深刻な状況に置かれていることを記録し、近い将来、作品にして公開するために、映像で記録する作業を進めています。特に重症患者の実態や実情を伝え、この病気を取り巻く問題点を明らかにし、患者会の活動や治療に取り組む医師の方々の奮闘を伝え、福祉サービスにおける「制度の谷間」の問題も取り上げたいと思っています。同時に、患者さん達に希望を与えられる映像にできたらとも願っています。

私達の映像を記録するために、募金にご協力をお願い致します。

日本で慢性疲労症候群(CFS)として知られている病気は、イギリス・カナダ・ヨーロッパでは、筋痛性脳脊髄炎(ME)と呼ばれています。その主な病態は中枢神経系の機能異常や調節障害という、大変に深刻な病気ですが、国内での認知度は低く、患者たちは家族や周囲から理解されずに苦しんでいます。そこで私達は、皆さんにこの病気の実態を映像を通して知っていただきたいと思っています。

この病気は原因が解明されておらず、有効な治療法もありません。さらに慢性疲労症候群という病名ゆえに深刻さが矮小化され、誤解や偏見が助長されています。ほとんどの患者は職を失い、4人に1人は寝たきりに近いか、ほとんど家から出ることのできない重症患者であると推定されているにもかかわらず、社会保障を受ける道を閉ざされ、経済的にも日常生活を送る上でも困窮しています。日本における重症患者の実態と問題点をクローズアップ致します。

【映像製作資金のための募金の振込先】
◎ ゆうちょ銀行から振込む場合
ゆうちょ銀行
記号 10040   番号 92225421
特定非営利活動法人筋痛性脳脊髄炎の会

◎ 他の金融機関から振込む場合
ゆうちょ銀行
店名    〇〇八(ゼロゼロハチ)
店番号   008   普通預金 9222542
特定非営利活動法人筋痛性脳脊髄炎の会

★チラシはこちらからご覧いただけます

広告