「JD政策会議2014」に招かれて

無題5月31日(土)に、新宿区の戸山サンライズで開催される「JD政策会議2014」に招かれて、お話しさせていただくことになりました。当法人が加盟している日本障害者協議会(JD)の主催です。今年1月に日本は障害者権利条約を批准しましたが、JD(日本障害者協議会)では本年を、障害者権利条約批准国にふさわしい日本とするため、近接領域を含む他団体との連帯と制度改革に向けた新たなステージでの運動のスタートの時と位置付けています。

障害者権利条約批准の意義と課題をあらためて考えるための基調講演を行い、その上で、現在の日本の障害分野における3つの課題について問題提起し、障害者制度改革の集中期間に出された重要な政策文書を基礎として、条約との関係を明確にしていきたいと考えています。フロアのみなさまからもご発言いただき、政策文書と条約の関係を整理し、発言者とのクロストークもできればと考えています。

JD加盟内外の障害団体・機関との連携した運動は、障害のある人の求める政策実現、ひいてはすべての人の社会実現のために最も重要なカギとなるものです。さまざまな意見を交換する機会となる政策会議に、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

【プログラム】
第1部   基調講演   野村 茂樹氏(弁護士)
『権利条約の意義と課題-権利条約委員会実況報告から-』(仮題)

第2部   問題提起  -3つの観点から-
1.増田一世氏(やどかりの里常務理事) : 病床転換型居住施設をめぐって
2.篠原三恵子氏(筋痛性脳脊髄炎の会理事長)  : 難病医療法制化をめぐって
3.赤平 守氏(全国地域生活定着支援センター協議会理事) : 罪を犯した障害者をめぐって
コーディネーター : 藤井克徳氏(JD常務理事)

第3部   フロアとのクロストーク

日 時    2014年5月31日(土)午後1時15分~5時    *受付12:45~
会 場    戸山サンライズ2階 大研修室
定 員    200人(定員になり次第締め切らせていただきます)
資料代    500円    ★情報保障(要約筆記、手話通訳)

政策会議のチラシはこちらからご覧いただけます

広告