福島議員、田城議員、中泉議員秘書への陳情

福島みずほ議員への陳情14.4.74月7日に、参議院厚生労働委員である、社民党の福島みずほ議員への陳情に行って参りました。福島議員は、昨年の請願に続き、今通常国会に提出する請願の紹介議員もお引き受け下さいました。多くの患者が困っている病気から支援を受けられるようにすべきであり、参議院厚生労働委員会で、この病気を取り上げたいとおっしゃっていただきました。

田城郁議員への陳情参議院国土交通委員会理事である、民主党の田城郁議員にもお会いしました。徳永エリ議員のお声かけによるもので、慢性疲労症候群という病名では疲れやすいだけと思われるでしょうし、医師の理解が得られないのは大変でしょうとおっしゃり、この病気の議員連盟を作ることを提案してくださり、紹介議員もお引き受け下さいました。

自民党青年局中央常任委員会副議長の、中泉松司議員の秘書の方にもお会いしました。秋田の会員さんの働きかけによるもので、ウイルス感染後に発症するこのについて、患者数が30万人とされている根拠について、日本の重症患者の割合、病名をME/CFSと併記する理由など、熱心に色々と質問して下さいました。そして紹介議員の件は、中泉議員にしっかり伝えて頂ける事になりました。

陳情の合間に時間がありましたので、国会図書館へ足を運びました。自民党の今枝宗一郎議員が、この病気のことを国会図書館で調べたとおっしゃっていましたので、当会発行の6冊の小冊子を置いていただけるようにお願いしたところ、快く置いていただけることになりました。

 

広告