船田議員、永岡議員、中谷議員、冨樫議員への陳情

DSCF11453月19日に、衆議院消費者問題調査会会長である船田元議員への陳情に、岩井副理事長と共に行って参りました。船田議員は、昨年の請願に続き、今通常国会に提出する請願の紹介議員もお引き受け下さいました。1月の企画課との交渉、2月の疾病対策課との交渉のご報告をさせて頂き、何としても障害者総合支援法の対象にしていただけるよう、今後もご尽力いただけるようにお願い致しました。

永岡桂子議員への陳情14.3.19自民党厚生労働部会の部会長代理である、永岡桂子議員にもお会い致しました。この病気が難病に指定されているかどうかを尋ねられましたので、希少疾患でないことをお話ししますと、患者数が多いほどしっかり研究をするべきだとおっしゃってくださいました。困っている患者さんを助けたいと言ってくださり、喜んで紹介議員をお引き受け頂けました。

中谷真一議員への陳情自民党広報戦略局次長である、中谷真一議員にもお会いしました。筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群施が身体的な病気であると認めて頂き、国際的診断基準を使って精神疾患との鑑別をきちんと行い、治療法法を見つけることが大切ではないかとおっしゃいました。請願の紹介議員をお引き受け頂き、山梨出身でいっらっしゃいますので、4月13日の上映会の出席も検討して頂けることになりました。

冨樫博之議員への陳情自民党総務部会副部会長である、冨樫博之議員にもお会いしました。秋田の会員の方の働きかけによるもので、3月10日に行われた秋田県主催のME/CFSの講演会のことは、秋田県庁のHPでご覧になっていました。昨年開催された自民党難病等PTで、当会の発表をお聞きになって下さっていました。患者さんのためには原因や治療法の研究が大切であるとおっしゃり、紹介議員をお引き受け頂きました。

 

広告