甲府市において「映画と交流のつどい」を開催

無題4月13日(日)に甲府市の山梨県立図書館 2F多目的ホールにおいて、「ME/CFSを考える映画と交流のつどい」を開催致します。「闇からの声なき声」上映実行委員会主催によるもので、当法人が後援致します。山梨において初めて上映会を開催することができ、大変嬉しく思っています。

「闇からの声なき声」は、2011年にイギリスで重症患者のご家族によって製作され、8ヶ国語に翻訳されています。この映画は、イギリスの医療制度や福祉制度が患者とその家族に負わせた悲劇を描いたドキュメンタリー映画であり、同時に世界的権威の3人の専門医によって、この病気の最新の情報が提供されています。この病気の歴史的背景やどういう病気であるのか、無理解や偏見に苦しんできたにも関わらず、今まで闇に葬られようとしてきた重症患者の苦しみや、治療の困難さなどを理解できる優れたドキュメンタリー映画です。医療関係の方々はもとより、一般の方々に広くご覧いただきたいと思っております。

当日は、当法人の理事長が東京から駆けつけ、日本の患者の置かれている現状をお話しする他、甲府市在住の患者さんのメッセージなどをお伝えし、その後、質疑応答を行う予定です。終了後、社労士による無料の障害年金相談をお受け致しますが、希望される方は事前に申し込みが必要です。

日 時 4月13日(日)13:30~16:00
会 場 山梨県立図書館 2F多目的ホール(甲府市北口2丁目8番1号)
参加申込  参加人数の把握のため出来る限りお申込みください
FAX    0266-62-2941

どなたでも歓迎  入場無料
*未成年者の視聴には配慮が必要です。

上映会のチラシはこちらからご覧いただけます
映画に登場する3人の専門医の方々の発言は、こちらからご覧頂けます
英語の正式なWEBサイトはこちらをご覧下さい。http://voicesfromtheshadowsfilm.co.uk/

広告