ひばりが丘での「映画と交流のつどい」

New dvd cover front3月30日(日)に「菜の花の会」という学習会に招かれて、西東京市のひばりが丘で、「闇からの声なき声」の上映と筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群のお話しをさせていただくことになりました。この「菜の花の会」は、「隠された真実を知るために・・・」をサブタイトルに、2002年から様々な学習会を行っています。

「闇からの声なき声」は、2011年にイギリスで重症患者のご家族によって製作され、8ヶ国語に翻訳されています。この映画は、イギリスの医療制度や福祉制度が患者とその家族に負わせた悲劇を描いたドキュメンタリー映画であり、同時に世界的権威の3人の専門医によって、この病気の最新の情報が提供されています。この病気の歴史的背景やどういう病気であるのか、無理解や偏見に苦しんできたにも関わらず、今まで闇に葬られようとしてきた重症患者の苦しみや、治療の困難さなどを理解できる優れたドキュメンタリー映画です。患者さんや家族の方、一般の方に広くご覧いただきたいと思っております。

映画鑑賞に続き当法人の理事長より、病気の説明や患者の置かれた現状についてお話させていただきます。会場は床に座布団を用意していますので、患者さんは座布団の上に横になることもできますし、床に座るのが辛い方には、折りたたみの椅子を用意されるそうです。こじんまりした集まりですので、ゆっくりと意見交換することが可能です。会場も駅から歩いて7分だそうです。

日 時     3月30日(日) 13:15~16:00頃まで
会 場     東京都西東京市・都営ひばりが丘二丁目アパート集会室
(池袋から西武池袋線で、ひばりが丘には急行が停まります)

ひばりが丘駅からの行き方 : ひばりが丘駅南口から、西友の脇の広い通りを駅を背にしてまっすぐ行き、信号を3つ渡ったって少し行くと「フクシひばり薬局」がありますので、そこを右に曲がってください。突き当たりに「レクセルプラザひばりが丘」というマンションがあり、電話ボックスが見えます。その電話ボックスの後ろの集会室で、都営ひばりが丘二丁目アパート1号棟の前です。

*どなたでも歓迎  入場無料
*未成年者の視聴には配慮が必要です。

映画に登場する3人の専門医の方々の発言は、こちらからご覧頂けます
英語の正式なWEBサイトはこちらをご覧下さい。http://voicesfromtheshadowsfilm.co.uk/

広告