1月21日にJDの政策委員会に出席

DSCF10611月21日に新宿区の戸山サンライズにおいて開催された、日本障害者協議会(JD)の政策委員会に出席致しました。日本の権利条約批准の経過や意思疎通支援ニーズ調査の報告等の後、難病対策に対する法制化に関するJDとしての声明文作成について、精神障害者問題の政策提言について等が話し合われました。

これから始まる通常国会に、新しい難病に関する法案が提出されることになっています。2011年に改正障害者基本法が公布され、「その他の心身の機能の障害」として、障害者に慢性疾患に伴う機能障害が含まれることになりましたが、未だに「制度の谷間」はなくなっておらず、難病の法制化に向けて、障がい者制度改革推進会議総合福祉部会によってまとめられた骨格提言を踏まえつつ、JDからも提言をあげていただけることになりました。委員から案が提示され、それを基に議論が行われましたので、なるべく早く取りまとめられる予定です。

21日夕方に、外務省プレスが発表されました。障害者権利条約を批准した日は2月21日で、EUを含めて141か国目の批准となり、国内発効は2月19日ということです。詳しくは下記からご覧いただけます。 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_000524.html

 

広告