JDのニューイヤー交流会に出席

CA3H07751月14日に新宿区の戸山サンライズ大研修室において、「障害者権利条約の批准の祝賀とともに」と題して開催されたJD(日本障害者協議会)のニューイヤー交流会に、岩井副理事長と共に出席いたしました。JDは1980年に国連・国際障害者年(1981年)を日本でも成功させようと、100を超える全国的な障害者関係団体が日本で初めて大同団結した「国際障害者年日本推進協議会」として発足した団体で、日本での障害者権利条約の批准に向けて働きかけを続けてきました。

当日は100名以上の方が出席され、なごやかに様々な団体の方々と交流することができ、連帯を強めていくことの大切さを改めて感じました。加盟団体からは、障害者権利条約批准の決定を受けての期待や課題などについて、短いスピーチがありました。最後に常務理事の藤井克徳さんより、今年も最も厳しい状況に置かれている団体に照準を合わせていきたいというご挨拶がありました。

JD主催の連続講座についてお知らせいたします。「権利とは何か」「条約批准の意義」について、具体例を交えながら検証し、障害のある人の権利保障のための課題を共有していきます。

■講座1 2014年1月29日(水)
講師:藤岡毅(ふじおか つよし)弁護士。自立支援法違憲訴訟弁護団事務局長
内容:『権利のこと 考えてみよう!憲法に謳われる基本的人権とは!』(仮)

■講座2 2014年2月26日(水)
講師:香山リカ(かやま りか)精神科医・立教大学教授。
内容:『心を病む人の権利と現実』

■講座3 2014年3月24日(月)
講師:藤井 克徳(ふじい かつのり)JDF幹事会議長・JD常務理事
内容:『障害者権利条約批准を私たちはどう生かすのか!
私たちに問われていること』

■会場と時間(全回同じ)
会場:全水道会館5階会議室 (東京都文京区本郷、水道橋駅近く)
時間:午後6時半~8時半(質疑応答の時間を含みます)
■資料代 1講座につき1500円 *全3講座申込は3000円
■定員 各回60名

 

 

広告