ボランティア交流学習会で講師を務めました

DSCF06659月28日(土)に、文京区にある公益財団法人東京カリタスの家でのボランティア交流学習会において、「病を抱えている人と共に歩む」というテーマで、お話しをさせて頂きました。東京カリタスの家は、キリスト教精神にもとづき、東京およびその周辺地域の福祉向上をめざして、問題に直面している家族への福祉サービスを行っているボランティア団体で、当法人の数名の患者さんがお世話になっています。カリタスの家のボランティアの方々の勉強と交流を兼ねて企画されたもので、20人近い方が参加して下さいました。

DSCF0671筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の病気の説明や、患者さんが置かれている深刻な状況をお話した後、以前テレビで放映された画像もご覧頂き、病気の理解を深めて頂きました。その後、この病気の患者さんのボランティアをして下さった方々の経験などをお話して頂き、ボランティアの方々がどういう気持ちで患者さんと関わって下さっているのかを知ることができました。病気のことを関心を持って聞いて頂き、ボランティアの方々の思いを伺うことができ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。こちらのボランティアの方のお陰で、かろうじて生活を支えて頂いている患者さんがおりますので、感謝の気持ちを精一杯お伝えして参りました。国会請願のための署名もお願いし、今後のイベントのお話もさせて頂きました。

広告