9月24日にJDの政策委員会に出席

DSCF06429月24日に、新宿区立障害者福祉センターにおいて開催された日本障害者協議会(JD)の政策委員会に、副理事長の岩井とともに出席致しました。今年度から当法人はJDに加盟致しましたが、政策委員会に出席するのは2回目です。

JDには、総務委員会、企画委員会、政策委員会、広報委員会の4つの委員会があり、私は政策委員会に所属しています。政策委員会の6つのワーキンググループ(生活の場WG、意思決定支援WG、障害と高齢WG、補助器具WG、障害児支援WG、情報・コミュニケーションWG)からの報告や、入所施設改革に関する厚労省との懇談について、生活保護制度の見直しに対する緊急要望書の提出について、共産党国会議員団障害者全面参加と平等推進委員会と障害者・患者団体との懇談会提出資料についてなどが話し合われました。

DSCF0649補助器具WGからは、補装具給付制度に関する意識調査の結果が報告されました。その際に、私が現在の車椅子を支給されるまで、2年間もかかった経過をお話しさせていただきました。ほとんど同じ理由で申請しても、別の障害であれば何の問題もなく支給されましたが、今後は障害者差別解消法を根拠に対応できるのではないかという意見や、車椅子支給の審査に関わった事のある方から、今後もし何かあったらアドバイスをいただけるというお申し出を頂きました。安倍首相が27日(現地時間26日)に米ニューヨークで行う国連総会での一般討論演説の中で、来年の通常国会で障害者権利条約を批准する方針を表明するという新聞発表があったことも、話題にのぼりました。

 

広告