第29回難病対策委員会を傍聴

DSCF03291月25日に麻布十番にある三田共用会議所において開催された、厚生科学審議会疾病対策部会第29回 難病対策委員会を傍聴致しました。委員のうちの過半数と、厚生労働省健康局から6名、児童家庭局母子保健課から1名の方の出席のもとで話し合いが行われました。本日はこれまでの議論をふまえて、難病対策の改革についての提言がまとめられました。

提言がまとめられるということで、多くのメディアの方が取材に来られていました。TBSテレビ、読売新聞、株式会社じほう、医事新報社から取材を受けました。研究や治療の対象と、介護や就労支援などの福祉の対象を別にすべきであることや、病名で対象を決める限りは制度の谷間が残ることなどをお話致しました。

広告