参議院会館でアメリカの専門医を招いて講演会開催

11月2(金)13:30 ~16:00に、参議院議員会館1階の101会議室において、「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群はここまで解明された」と題する講演会を、アメリカからDr. Charles Lappをお招きして開催致します。

Dr. Lappは1985年にはME/CFSの研究を開始、1988年からはME/CFSの専門医として、成人だけではなく小児の診断や治療に従事してこられました。患者や医師に対する啓発活動にも力を注ぎ、アメリカ各地だけではなく、オーストラリア、ニュージーランド、ノルウェーでも講演してこられました。国際ME/CFS学会(IACFS)の理事も務められ、CDC(アメリカ疾病管理予防センター)の顧問もされています。最新の研究の結果や治療法などについて、お話していただけることを楽しみにしております。

Dr. Lappの講演後、私達が行ってきた患者の実態調査の報告をさせていただき、そこから浮かび上がってくる日本の患者の現状を、細田満和子副理事長より社会学者の立場から分析してお伝え致します。多くの方々のご来場をお待ちしております。

当NPOではこの講演会のために、募金を募っております。DVDの購入や寄付をお願いできれば幸いです。どうか宜しくお願い致します。

参議院会館での講演会のチラシ

広告