難病当事者による難病当事者のための勉強会

7月4日に明治学院大学の会議室において、「第1回難病当事者による難病当事者のための勉強会」が開催されました。明治学院大学の茨木尚子社会学部教授と大瀧敦子社会学部教授、難病当事者4名、オブザーバー参加の方が1名の他に、テレビ東京とTBSの方が取材に来られました。茨木先生と大瀧先生は、一年前の私たちの会の上映会の際に、お話をしてくださいました。

「内部障害・難病当事者ネットワーク/フリースペース彩」副代表の白井誠一朗さんが講師となり、難病対策とは何か、難病対策の流れ、難病の定義についてお話してくださいました。質疑応答やディスカッションを交えて進め、最後に障害者総合支援法に、今後どう対応していくかについて話し合いました。慢性疾患を抱えて本当に困っている方が、福祉サービスを受けられるようになるためにはどうしたらよいのかを、これからも引き続き皆で考えていくつもりです。

広告