障害者総合支援法(案)の学習会

3月10日に東京保険医協会において、総合福祉部会構成員の福井典子さんをお迎えし、「なぜ国は障害者との約束を守らないのか」と題する、障害者総合支援法(案)の学習会があり、出席致しました。福井さんはご自身も疾患を抱え、お子さんも障害がある中、ずっと障害者に寄り添い、活動してこられた方です。特に障害者自立支援法の試案の発表以降の動きを詳しくお話くださいましたが、こうした先人の努力によって、今私たちが声を上げることが出来るのだという感謝の思いで、話を聞きながら何度も涙がこぼれました。

質疑応答の際に、慢性疲労症候群のような難病指定されていない疾患は、「制度の谷間」に置かれ続けることが懸念されているが、今後どのような働きかけが有効であるのかを助言していただきました。地方自治体からだけではなく、国会にも請願をあげることが出来るそうで、そうすれば厚生労働委員会などで必ず審議されることになるとのことでした。今後、検討していきたいと思います。最後に、総合福祉部会の「骨格提言」に基づく新法の制定を求める、東京保険医協会からの声明が読み上げられ、「制度の谷間」の問題にも触れていただきました。

広告