記者会見が読売新聞電子版に掲載

1月18日付けの「ヨミウリ・オンライン」に、「『慢性疲労症候群』患者団体が病名の変更訴え」というタイトルで、当日の記者会見を取り上げて頂きました。慢性疲労という言葉からは、深刻さが伝わらないことや、患者への偏見や無理解をなくすためにも、病名の変更が必要であると訴えたことを書いて頂きました。

この中では、私達の会が病名を筋痛性脳脊髄炎と変更すべきと発表したとありますが、私達はふさわしい病名に変更してほしいと訴えているだけで、筋痛性脳脊髄炎への変更は求めていません。記者の方には了承していただいており、訂正する機会を設けて頂ける事になっています。

広告