共産党の大山とも子都議会議員への陳情

1月16日に、都庁の共産党控え室を訪ね、事務局の池田と共に、大山とも子都議会議員に陳情に行って参りました。東京都から慢性疲労症候群に関する意見書をあげていただくための具体的な方法について、ご相談させていただきました。東京都からは毎年平均300くらいの請願・陳情付託件数があり、簡単ではないにしろ、これだけ国会議員から支援をいただいているのであれば、可能性があると励ましていただきました。また、共産党の議員全員が紹介議員になってくださるとお約束いただき、とても心強かったです。

広告