週間ダイヤモンドに取り上げられました

2011・2012年新年合併特大号の週間ダイヤモンドの、「特集・超健康術」欄に、慢性疲労症候群を取り上げていただきました。全身の強度のだるさが、原因不明の病気から起こっていることもあることを紹介、何らかの感染症にかかったり、免疫力の低下によって体内に潜在していたウイルスが活性化したりすることが誘因であることや、日本では診断できる医師が少なく、心の病気と思われれがちなことを書いていただきました。現在、再び慢性疲労症候群の研究班を立ち上げる準備をしていることも、取り上げていただきました。
広告