山本博司参議院議員への陳情

1228日に、公明党障がい者福祉委員会事務局長の山本博司参議院議員に、「制度の谷間のない障害者福祉の実現を求める実行委員会」の共同代表として、カナダ在住の2名の会員と共に陳情に行ってまいりました。年明けの通常国会に障害者総合福祉法が提出されますが、新法においては手帳が取得できずに何の福祉サービスも受けられない、慢性疾患や難病を抱えた患者達の「制度の谷間」の問題が解消されるよう、願い致しました。特に、施行日(20138月)を待たずともできる、医師の意見書などで補うことのできる入口規制は、今年の85に公布された障害者基本法をもとに、今すぐにでも実施していただけるように訴えてまいりました。
超党派で働きかけることが重要であるとの認識で一致し、山本議員は他の政党の議員の方もご紹介くださいました。また、さっそくご自身のブログに、私たちの陳情を報告してくださいました。        篠原三恵子
広告