難病・慢性疾患全国フォーラム2011に出席して

11月12日に日本教育会館一ツ橋ホールにおいて開催された、難病・慢性疾患全国フォーラム2011に、途中から出席致しました。来賓の方々の挨拶に続き、東日本大震災の被災地支援の報告があり、4人のシンポジストとコメンテーターを迎えてのシンポジウムが開かれました。最後に、「日本の患者団体は一層の連携を強め、すべての患者・障害者・高齢者が安心して暮らせる社会を一日も早く実現させるために、医療福祉関係者・団体・行政・議会との連携をさらに強めよう」とのアピール文が採択されました。他の患者団体の活動を知る事はとても勉強になり、新たな意欲を頂いて帰って参りました。患者団体同士の連携が求められていることも、強く感じました。
広告