ニューズウィーク 「『取れない疲れ』の原因を探れ」

12月15日発刊のニューズウィークが、上記のタイトルにて、慢性疲労症候群について取り上げていました。

原因も治療法もわからない慢性疲労症候群を解明するウイルス研究
慢性疲労症候群(CFS)の患者を代表し、自らの体験を本に記している方の紹介、科学的認証を求め、CFSのレトルウイルスとの関連性や、様々な研究や臨床試験についてなどが紹介されていました。詳細を、リンクをさせていただきましたのでご覧下さい。

************************************************************************

会員制週刊医療専門誌「医療タイムス」2010年12月6日号のニュース欄に、私達の会の第一回総会について取り上げていただきました。

会員数が75人まで増え、12月に厚労省・政務三役に要望書を手渡し、来年6月に慢性疲労症候群の認知キャンペーンを行う予定であることを書いていただきました。「焦点」の欄に、難病患者にも人生の価値を感じられる仕組みづくりが必要であることを、政府に提案しています。

広告