CFSとウイルスを関連付ける研究報道 その2

医療関係者から、8月のウォール・ストリート・ジャーナル日本版に次のような掲載記事があるとのお知らせがありましたので、ご紹介します。

~  2010年 8月 24日  21:24 JST ~
慢性疲労症候群の患者の体内に、あるレトロウィルス・ファミリーが特定されたことを研究者が明らかにした。米国で400万人、世界で1700万人を悩ませている疾患を緩和する治療に新たな道が開かれる可能性がある。新たな発見により、この病気の患者は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を叩くのに使用される薬を用いた治療を追求するようになる可能性がある。HIVと新たに特定されたウィルス・ファミリーは別個のものだが、どちらもレトロウィルスだ。

以下、詳細はこちらのページでご覧下さい。

広告