今後のイベント

11月21日(日)にオンラインシンポジウム開催

21.11.21オンラインシンポジウムを開催11月21日に、「COVID-19時代の神経免疫系難病:筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)~指定難病や患者の社会保障獲得に向けて~」と題して、シンポジウムを開催致します。

COVID-19を契機としてME/CFSを発症する方が大幅に増えており、このシンポジウムは、患者・家族や一般の方、医療・福祉関係者の方にME/CFSの理解を深めて頂くと同時に、ME/CFS患者の置かれた状況を改善することを目的としています。多くの方に参加して頂けるのをお待ちしております。事前申し込みが必要です。

ME/CFSはWHOの国際疾病分類で神経系疾患と分類されており、厚労省の調査で約3割の患者が寝たきりに近いという深刻な実態が明らかになっています。ME/CFSの集団発生はウイルス性疾患の流行後に起きており、過去のエビデンスを基にすると、COVID-19の全感染者の約1割がME/CFSを発症すると推計されます。また、当法人のアンケート調査でCOVID-19後にME/CFS様症状が持続している方の7割以上が、職場や学校に戻れないと回答しています。こうした中、国立精神・神経医療研究センターは、血液診断マーカーとなりうる免疫異常を発見したと発表しました。

シンポジウムには、国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部長の山村隆先生をお迎えし、COVID-19を契機としてME/CFSを発症する可能性や、指定難病に向けた研究がどこまで進んでいるのか等について基調講演して頂いた後、当法人のアンケート調査の結果を報告、医療ソーシャルワーカーと社会保険労務士の方をお迎えし、ME/CFS患者が社会保障を受けるためにできることをお話し頂きます。

ME/CFSオンラインシンポジウム
日 時:2021年11月21日(日)13:00~15:30
対 象:どなたでも(要申し込み)
参加費:無料

定員:100名(先着順)
申込み:メール answertomecfs@gmail.com、又はファックス 03‐6685‐6233
締切:2021年11月16日(定員に達し次第、締め切ります)
※お名前、ご所属、ZOOMを使用できるアドレスを添えてお申し込み下さい。
※数日前にZOOMのURLをお送りします。

【シンポジウムのプログラム】

第一部 基調講演
・山村 隆先生
「免疫性神経疾患としてのME/CFS:Update」
(国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部部長)

第二部 パネリスト
・荻津 守
「『 いのちをつなぐ 』 医療 ソーシャルワーカーとして でき ること 」
(栃木県済生会宇都宮乳児院院長 栃 木県医療社会事業協会会長)

・吉野 千賀
「筋痛性脳脊髄炎 /慢性疲労症候群 と障害年金」
(特定社会保険労務士)

・篠原 三恵子
「COVID-19アンケートから見えてきたこと」
(NPO法人筋痛性脳脊髄炎の会理事長)

※司会:草野紀視子(NPO法人有明支縁会理事長)

主催:NPO法人筋痛性脳脊髄炎の会
後援:厚生労働省、東京都、国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター、公益社団法人東京都医師会、公益社団法人日本医療ソーシャルワーカー協会、全国社会保険労務士会連合会、認定NPO法人日本障害者協議会

シンポジウムのチラシはこちらからご覧いただけます

※このシンポジウムはウェスレー財団の助成を受けて開催致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月6日(土)にJD憲法と障害者2021開催

11月6日(土)に、JD(日本障害者協議会)の「憲法と障害者2021」が、 Zoomウェビナーにより開催されます。法政大学名誉教授・前総長である田中優子氏の記念講演の後、シンポジウム「憲法と障害者~若者たちが未来を語る~」の中で、COVID-19を契機にME/CFSを発症した若い患者さんも発言します。

人々の暮らし、障害のある人の暮らしは殊更、コロナ禍で制約を余儀なくされ、不安の中にいます。だれもが、安心して自分のペースで、尊厳ある人生を送ることのできる生きやすい社会づくりには何が必要なのでしょう。憲法と障害者権利条約を何度も読み直し、考え ていきたいと思います。

憲法と障害者2021

◆記念講演
田中 優子(法政大学名誉教授・前総長)
「憲法と障害者-だれもが尊厳をもって生きられる社会のために-」

◆シンポジウム「憲法と障害者~若者たちが未来を語る~」
当事者のみなさんによるディスカッション
〇五十嵐 優花(筋痛性脳脊髄炎・難病) 
〇加藤  康士(やどかりの里・精神障害)
〇近藤 未来子(あかしあ労働福祉センター・知的障害と精神障害)
〇平山 雄一(ヒューマン福祉会・肢体障害)
・コメンテーター 藤井克徳(JD代表)
・コーディネーター 増田一世(JD常務理事)

※障害による配慮(手話通訳・要約筆記・点字資料 要約版・テキストデータ)が必要な方はお申込み時にお知らせください。

参加費:1500円  学生・障害者 1000円
お申し込みはこちらからお願い致します

※チラシ等の詳細はこちらからご覧頂けます