今後のイベント

「ME/CFSを理解するための映画と交流のつどい」を開催

17-3-19%e4%b8%89%e9%b7%b9%e3%81%ae%e4%b8%8a%e6%98%a0%e4%bc%9a%e3%81%ae%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7闇に葬られようとしていた重症のME/CFS患者の声を拾い上げた衝撃のドキュメンタリー映画「闇からの声なき声」の映画鑑賞と、臨床にあたっている医師からのトークを通してME/CFSを知って頂く、「ME/CFSを理解するための映画と交流のつどい」を、3月19日(日)に三鷹産業プラザにおいて開催致します。当会で「闇からの声なき声」の上映会を開くのは2年半ぶりです。また、イギリス製作者側もDVDは売り切れのため、日本で購入することはできませんので、この貴重な機会をお見逃しなく。

「闇からの声なき声」は、2011年にイギリスで重症患者のご家族によって製作されたもので、イギリスの医療制度や福祉制度が患者とその家族に負わせた悲劇を描いたドキュメンタリー映画であり、同時に世界的権威の3人の専門医によって、この病気の最新の情報が提供されています。この病気の歴史的背景やどういう病気であるのか、無理解や偏見に苦しんできたにも関わらず、今まで闇に葬られようとしてきた重症患者の苦しみや、治療の困難さなどを理解できる優れたドキュメンタリー映画です。患者さんや家族の方、介護をされている方はもとより、医療関係者や一般の方にも広くご覧いただきたいと思っております。

映画鑑賞に続き、当法人の理事でもあり、関町内科クリニック院長の申偉秀先生より、ME/CFSの研究の最新情報や治療法のお話をたっぷりしていただきます。米国の研究拠点である国立衛生研究所(NIH)では、WHOで神経系疾患と分類されているME/CFSの研究を、神経系疾患のセクション主導で行っており、日本でも神経難病の研究では日本でトップレベルの国立研究所において、本格的な研究が開始されています。世界中の患者たちが注目しているのが、根治薬の開発に関する研究です。NPO法人「筋痛性脳脊髄炎の会」では、研究者と和温療法TMS治療の共同研究を実施しています。

日 時 3月19日(日) 14:00~16:30
会 場 三鷹産業プラザ704-705会議室

どなたでも歓迎  入場無料  申し込み不要
*未成年者の視聴には配慮が必要です。
*真如苑の助成を頂き、日本障害者協議会の後援で開催致します。

3月19日のつどいのチラシはこちらからご覧いただけます

映画に登場する3人の専門医の方々の発言は、こちらからご覧頂けます
英語の正式なWEBサイトはこちらをご覧下さい。http://voicesfromtheshadowsfilm.co.uk/

当会では、この病気の正しい認知を広める活動を行っております。そのために募金を募っておりますので、皆様のご協力をお願い申し上げます。また、当日の受付や会場の準備・片付けを手伝って下さるボランティアを募集しておりますので、事務局までご連絡頂ければ幸いです。どうか宜しくお願い致します。cfsnon@gmail.com